法学セミナー/起業という選択肢

/2019

法学セミナーという法学の専門誌のキャリア特集に、「法学部出身の起業家」というテーマで寄稿させていただきました。

インスタにも書いたのですが、秋頃に寄稿のお話をいただいてから原稿の締め切りがちょうど臨月だったので少しづつ書き進めていたのですが、出産後に考えが思いきり変わってほとんど書き直してしまいました。

*いわゆる産後ハイというもので、私の場合は、出産を終えた当日はなぜだかやる気に満ちてしまい、「育児が忙しくなる前にプレスリリースの草案つくっておこ!」「原稿つまらないから書き直したい!!」と入院中のベッドで寝もせずに考えを書き連ねていました。(ほんとうに不思議。。)

View this post on Instagram

#平成最後 の新生活💮💮 この春に発売された、法学セミナーという専門誌に寄稿させていただきました。 ・ 「法学部出身の起業家」というテーマをいただいて、締切がちょうど臨月!だったので出産前に書き進めていたものの、出産後の心境の変化が大きすぎてほぼ書き直しに…😂 ・ ✍ 出産後の変化 起業はつらいもの、人に勧められるものではないという考えだった→今の幸せは起業しないと得られなかった!という考えに変わった💐 自分が親になれるんだろうか?→子どもが毎日成長してクリエイティブで楽しい💐 などなど、驚くほど変わるものなんだなぁと。 ・ 今思えば、「人生をデザインする」って表現は、起業に限らずみんな自分でデザインしてるよねって後で気づきました😅

Mayumi Hara / FRAME00さん(@yume_mayu)がシェアした投稿 –

起業というキャリアについては、もう9年目になるので、いろいろなところでお話する機会をいただいているのですが、きっかけとなったのは高校時代に思った「社会を変える側に立ちたい」というシンプルな動機から。

そこからたくさんの業界をまたいで、試行錯誤も失敗も山ほどして遠回りしているようだけど、FRAME00 という会社を通じて「社会を変える」という純粋な挑戦にようやく近づけてきたかなぁ、と感じています。

自分は起業してからずっと「事業を確立しなければ終わってしまう」という不安をずっと抱えていたのですが、不安に囚われると本質を見落としてしまうので、挑戦を楽しめる健康なマインドを持つことが大事だな、とあらためて思います。

生活のなかに赤ちゃんが加わると、一生懸命成長しようとする生命力を間近で見ることができるのと、そもそも余計な仕事をする時間的余裕がない😅ので、子どもがいることでポジティブに起業に向き合えるようになったなぁ、と思える最近です。


原 麻由美
フレームダブルオー株式会社 代表
プロフィール / インタビュー・メディア掲載 / フレームダブルオー

お知らせ: イノベーターとしてのOSS開発者を支援するサービス「Dev」tokenをリリースしました。人々の課題解決に挑むデベロッパーをトークンエコノミーで支援できるサービスです。

【連絡先】
ご連絡はコーポレートサイトよりお願いします。

Pocket

author

recent posts