Facebookの「Saveボタン」がもたらす新しいマーケティング戦略

/2014

Facebookが今年7月にリリースした新機能「Saveボタン」、すでに使われていますか?

まだ見慣れない方も多いかもしれないこのアイコン、「Saveボタン」は、Facebook上で見たコンテンツをあとで読むために保存する機能です。

「Saveボタン」で出来ること

Facebook saveボタン マーケティング戦略

リンク、イベント、動画、スポットといった、Facebook上でシェアされる様々なコンテンツを保存することが出来ます。

「Saveボタン」がもたらしたFacebookマーケティングの変化

「あとで読む」つまり、保存しておきたいコンテンツを維持できるこの機能は、Facebook上のみでは伝えきれない「リンク投稿」をシェアさせる企業が増えるだろうと予測されています。海外では既に多くのブランドが、リンクを含む投稿を「Save」され始めています。

これから起きる新しいマーケティング戦略

いわゆる「フロー型」と呼ばれるソーシャルメディア上のコンテンツには、わずか数時間程度のライフタイムがありました。その短いライフタイムを解消したいと考えていたのが、Facebookの「エッジランク」という独自アルゴリズムです。そして、この「Save」ボタンは、ライフタイムを一気に延長させるための新機能だと言えるでしょう。

ソーシャルメディア上ではファンとのコミュニケーションに特化し、コンテンツを体験してもらうには自社メディア上で。そんなメディア戦略のすみ分けが進んでいるのかもしれません。

参考リンク

[告知]

Twitter: @yume_mayu / Instagram: @yume_mayu
Facebook:  haramayumi / G+ : haramayumi


原 麻由美
フレームダブルオー株式会社 代表
株式会社SD/LA 代表
プロフィール / インタビュー / フレームダブルオー

お知らせ: 創造性を向上するコラボレーションプラットフォーム 「Double O」 をリリースしました。

【連絡先】
質問・ご相談は Double O で受け付けています。お気軽にどうぞ!

Pocket

author

recent posts