アーティスト向けマーケティング資料①

/2016

Photo: Colour is an art. Tribute to Jackson Pollock. © CHANEL Instagram

企業とアーティストのマーケティング支援を行うなかで、ヒアリングを通じて現時点での気づきをまとめました。

アーティストさんと打ち合わせをする上で気をつけているのが、
ビジネス面での共通認識が少ない状態で、どこからどのように理解を促せば動き出せるのだろうという点です。

個別の施策を数打ったところで、忙しく事務作業に追われてしまい、
本来やるべきことを見失ってしまうというリスクもあるので、
まず本質を共有する、というのがとても大事なプロセスだと考えています。

そこでメジャーですが、
バリューチェーンのアート版があったらいいのでは?と思い立ったので描いてみました。


(slideshare、数年ぶり)

描いてみたもののプロセスは企業とあまり変わらないという発見。

企業とアーティストで決定的に違うのは、
企業が組織化して予算投入し取り組むプロセスを、アーティスト個人がやり遂げようとするのは難易度が高くて当たり前ですね。
他にも差異はありますがこのへんで。

ようやくアーティストの方から、「困りました!」と連絡が来る理由がわかったような気がします😯

このプロセスに、高付加価値ならではの効果が加わるのでは、というのが探りたい分野でもあります。

⬇️購入しました
手段としては王道なものが多い印象。


原 麻由美
フレームダブルオー株式会社 代表
株式会社SD/LA 代表
プロフィール / インタビュー / フレームダブルオー

【連絡先】
取材・講演のご連絡は問い合わせフォームをご利用ください。プロジェクトのご相談はコーポレートサイトよりお問い合わせください。

Pocket

author

recent posts